2011年 09月 01日
古いアメリカのmono
少しの雨でも仕事にならない現場だから、昨晩中止の連絡があったのに、結局雨降らず。
でも明日は確実に雨っぽい。

さて、実家にいけば、デジタル、銀塩問わず一眼多数あるけれど、その都度借りにいくのもちょいと面倒。
子供の成長も著しいから、やっぱり欲しくて、購入。実家のコンタックスのレンズ達も使える、と言うことで一世代前だけどCanonでkissX4に。ちゃんと撮りたい時は5D借りればよいし。

最近、両親が友人宅の片付けにいってもらってきた(or 預かり)もの、レストア作業中or完了した昔のアメリカのものたちを撮ってみた。マクロ的な撮り方だと、デジイチの威力はそれほど発揮されないけれど・・・。

全く調べてないけれど、今も現存している会社なのかなぁ。

<鉛筆削り>
a0015074_20335694.jpg

私が小さい頃に使っていた日本のものは、鉛筆を固定するタイプ。こちらは土台を固定するタイプ。レバーで空気を抜いて、机にぴったり吸着。ゴムが未だに劣化せず、試してみたら、なかなかの固定力。新鮮な発想、カタチ。

<タイプライター>
a0015074_20341187.jpg

a0015074_20342979.jpg

これはいろんなところがカッコいい。どこをとっても写真映えするデザイン。

<ガソリン携行缶>
a0015074_20345346.jpg

a0015074_20351549.jpg

いかにもアメリカを感じさせるデザインと作り。今じゃこんなに手のかかる口と取手のデザインにはならないよね。元々すっかり汚れた色だったようですが、磨き魔の手により、ポリッシュ仕上げに(笑)。
[PR]
by seattleinline | 2011-09-01 20:43 | Mono


<< Oisix      海外通販 >>