2004年 05月 14日
OAKLEY
a0015074_53542.jpg
見ての通りOakley。しかも、度付き。つまり目が悪いんです。
サングラスと言えばオークリーでしょ、ってくらいメジャーなブランドですが、基本的にMinorityでもこればかりは譲れない。自転車好きが高じてOakleyも好きになったわけですが、中学、高校生当時に手が出る値段ではありませんでした。その当時は日本での読み方もオークレーでしたね。大学に入ってバイトなどで多少お金に余裕ができて買えるようになったわけですが、なんか所有している喜びが大きいのですよ、Oakleyって。

ちなみに普段もインラインをするときなども含めてオークリーです、他人に好印象を与える必要があるときは999.9の眼鏡でビシッと。

日常生活は眼鏡なので、大学時代は日差しがとても強い日だけコンタクトでサングラスを持っていくことが多かったのですが、やはり度付きは便利そうだなと思っていたのです。でも、その当時は価格と使用頻度を考えたら買うには至りませんでした。アメリカで運転したことのある人はわかると思うけど、夕方に近くなると、とにかくまぶしい。眼鏡で多少はまぶしさは緩和されるのですが、安全に運転するには必要不可欠だと感じて今回購入。アメリカで買うほうが安いのも知っていたし。

Square wire 2.0にOakley純正のVR28と言うレンズをつけて税抜き300ドル。正確な価格はわかりませんが日本で買ったら4万円台後半くらいするのではないでしょうか。Spring Hinge(バネ)なしでオーダーしたのに、Spring Hingeモデルになってきたのもラッキー。

とにかくOakleyは惹かれ続けるブランドなんですよね。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-14 05:36 | Mono


<< Daily Bread      シアトルの公共交通機関 >>