2004年 07月 17日
おもしろ電球
a0015074_231154.jpgこれは、兄夫妻が今年カナダに新婚旅行に行った時のお土産なんですが、なかなか面白い一品。

なんてことない普通の電球にゴムみたいのを付けただけ。
でも、明かりをつけても、つけなくても抜群の目立ち度。

初めてこれをみた時、あー北米人らしいなと感じました。
元々あるものを究極に便利しちゃうのが日本人、機能を追及しつつ究極にシンプルにしちゃうのが北欧人、北米人は・・・こういうのは楽しければなんでもありって感じかなと。
あくまでこれをみての感想で、もちろん違うこと(例えば我々からしたら便利と言えるかわからないけど、アメリカ人的には便利なものとか)はいくらでもありますよ。

電球が切れたときに、ガラスを分別する地域だったら、ちょいと曲者ですね、こいつは。
まぁ、オブジェとして楽しめるからいいんだろうけど、絶対に作った人はそこまで考えてないよなぁ。
[PR]
by seattleinline | 2004-07-17 23:13 | Mono


<< フラフープサイン      Pike Place Market >>