2008年 11月 25日
Timbuk2の中身は・・・
a0015074_2212407.jpg
我が家は今回もBuild your own bagを二つ購入。
私は一番小さいEula。最近自転車屋に行かないから知らないけど、これ日本に入っているのかなぁ?
まぁ、メッセンジャーバッグではないよね。ちいさなバッグです。
選ぶ色が単色なので、テキスタイルものを選んでも比較的安価で、しつこくないのが良いです。

奥様は小さめのメッセンジャーバッグ。
こちらも、テキスタイルを真ん中に入れましたが、意外とシンプルに仕上がりました。

前回と違って、テキスタイルの生地が増えて、Corduraがすっかり減って、原色はBallistic一本にシフト中って感じです。

しかし、今回は問題発生。
Build your own bagと既製品とでは、物流体制が違うらしく、
両方をオーダーした今回はパッケージが今回は二個だったのですが、
既製品のバッグがひとつ入ってませんでした。

再度HPをチェックしたら、オーダーした商品がすでに消えていたので、
ギリギリのタイミングでOut of stockだったのかなと思いつつ、
すでにオーダーした全商品のクレジットの請求がきていたため、クレームレターを早速メール。
シアトル時代に散々ネット通販して、クレームレターも結構書いたので、
偏った英語力がこんなところで役に立ちます(笑)。

こちらの言い分を納得いくまで通せば、しっかり対応してくれるのが、アメリカのいいところ、好感持てます。

で、何度かの確認のやり取りのあと、Timbuk側が対応策提示。
届かなかったバックはLimitedものだったのですが、やはり今後作る予定はない、と言うことで、refund扱いに。
もちろん割引クーポンも付けてくれました。が、再び一つだけオーダーすると送料が非常に高くなるので、またメール。

こちらはinternationalのfree shippingクーポンはないということで、送料代の$50のrefundで決着。
無事に二度目のオーダー商品が届きましたとさ。

・・・・・・
しかし、今回はこれでも終わらなかった。
再び問題発生、こちらはまだ解決していないので、また今度。
[PR]
by seattleinline | 2008-11-25 22:12 | Mono


<< いてて      From S.F. CA. >>