<   2004年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
2004年 05月 31日
雨の高速道路
a0015074_192519.jpgアメリカの高速道路は水はけが悪い、つまり視界が悪いのです。

普段のシアトルの雨でも、視界は結構悪くなるのですが、今年のシアトルはスコールのような雨が降ることが多く、3台先は視界ゼロってな感じ。

写真では伝わりにくいですが、このときの視界は相当悪いです。この視界で夜になったらもう大変。管理人のように目の悪い人は本当に神経を使う運転を強いられます。

それに比べて、日本の新しくできている道路は何て水はけがいいんでしょう。素晴らしいの一言ですよ。

で、この写真は当然昨日のOlympic National Parkにいく途中に撮ったものなのです。∴雨ですね。ボーイスカウトの時は毎年雨に降られてのキャンプだった管理人ですが、雨対策を甘くみたEquipumentで行ったため、相当悪いコンディションでのキャンプでした。

でも今日2日目はとても良かったので、その話はまた明日。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-31 19:26 | Seattle
2004年 05月 30日
a0015074_1514.jpgなんで、こんなに火って落ちつくんでしょうね。

昔から焚き火が大好きなんですよ。

この写真は昨年の今頃、Leavenworthというドイツを意識した街でキャンプをした時にキャンプ場でとったものです。

その時アメリカのオートキャンプ場を初体験したのですが、すごく良かった。また、ほとんどのキャンパーがキャンピングカーで来てるんですが、あれはすごくあこがれる。一度でいいからあんなのに乗ってキャンプしに行きたいなぁ。

で、なぜ火を紹介したかと言うと、今から1泊2日で念願のオリンピック国立公園にキャンプに行ってくるのです。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-30 01:52 | Others
2004年 05月 29日
Costco
a0015074_19944.jpgあまりはっきりしない写真ですいません、結構強い雨が降っていた上に、車の中からの撮影なので・・・正体はCostcoの駐車場です。

なんせガソリンが高いので、最近は金曜日のインラインのあとにCostcoによってガソリンを入れるのです。相変わらず、ガソリン価格は上昇し続け、一ヶ月前は$2.00CostcoのPremiumが$2.35になってしまいました。DowntownではPremiumで$2.65なんてところもあります。

で、この写真の何がすごいのかと言うと、カートがきれいに放置されているところなんです。なぜかこのCostcoでは多くの人がカートを所定の場所に戻さずに、このように投げ捨てていくんです。とにかく圧巻するほどの数で、きれいに整頓されているように見えてしまうほどです。でも、ちゃんと係りの人が雨が降っていなければ夕方6時前後片付けるんです。そのカートの長さといったらこれまた圧巻。とても人力では動かせないので、カートを引っ張る機械があったりするのもアメリカっぽい。

せっかくコスコの話題になったのでコスコの説明。

前にも書いたけど、読み方:
もうすっかりコスコと言う読み方に慣れましたが、シアトルにくる前から幕張や南町田の店舗に行っていたので、最初はコストコって読むんだと思ってました。日本では社名もコストコホールセールです。

卸売りなので業者さんもよく見ます、つまり安い。食料品などの量はとんでもなく多いのですが、アメリカの家なら納まります。日本のお店とは売っているものも当然違いますが、つくりは一緒。日本のCostcoは本当にそのまんま輸入したなと感じさせるつくりなので、お手軽にアメリカを味わいたいなら、会員になるしかない!

あ、あと前にオリジナル商品はKirklandって話もしましたが、本社はKirklandではなくシアトルから東へ20分ほど行ったIssaquahにあります。

アメリカで作ったカードを日本で使うことも可能です。もちろん逆も可能。

うまくまとまってませんが、とにかく好きなんですよ、Costco。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-29 19:10 | Costco
2004年 05月 28日
バイクトレイル
a0015074_122719.jpgこの写真は昨年9月に兄が観光しに来た時に一緒に行った主にMountain Bike用のTrailです。シアトルからI90で東へ30分ほどのところにあります。

近年はインラインばかりであまり自転車には関わっていない管理人ですが、実はうちの家族は自転車が相当好きだったりします。このときも兄がシアトルでしたいことのリストに入っていたくらい好きなんですね。もちろん、管理人も好きでした(最近あまり関わってないから過去形。でも、昔はよく走ってたし、パーツから自転車を組み上げたりとメンテナンスもしてました)。そろそろ復活しようかなと思ってます。

この日は天気もよく、トレイルのそばの自転車屋でBikeをレンタルして、走りに行きました。そのトレイルに数種類あるコースのうち2時間ほどでまわれるものを選びました。前半はとにかく林道を登り、後半は下りと平地のトレイル。もう少し良いバイクだったらありがたかったのですが、それでもかなり楽しめました。

車で30分のところに、手軽に各レベルの人が楽しめるトレイルがあることに、とにかくその時は驚いたし、文化の違いを感じましたね。写真では伝わらないけど、とにかく気持ちいい。夏のシアトルの気候もその要因にプラスされますが、トレイルが非常によく整備されていてストレスなく走れるので、本当に最高の気分です。

また、この手のトレイル情報を見つけやすいのがアメリカのいいところ。自転車屋や本屋、REIなどのアウトドアショップでトレイル情報の載っている本や地図を簡単に見つけることができます。つまり、需要がある;基本的に夏の間しか使えないシアトル近郊のトレイルを多くの人が使っていると言うことですね。実際この時も平日であったにも関わらず5人以上のライダーと会いました。

B3スポーツ(インライン・スケートボード・BMX)やアウトドアスポーツ(MTB・カヤック・クライミング等)など、欧米から日本に輸出された遊びのカルチャーはやはり本場だけあって、歴史と環境の違いを見せつけられるところです。気持ちでは負けてませんけどね。

もし、自転車が好きで晴れシーズンに西海岸へ来るのであれば、トレイルライドはとてもいい思い出になると思うのでおすすめです。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-28 12:28 | Bicycle
2004年 05月 27日
Phone Card
a0015074_125019.jpg多民族国家、アメリカならではの一品、Phone card。もちろん我々日本人にとっても必需品。コンビニなどに行くといろんな会社のカードが売ってます。

Phone cardの特徴は一度買えばあとはお金が一切かからないと言うこと。

このカードの裏にはToll free number(フリーダイヤルです、1-800-xxx-xxxx)と各市内局番(シアトルであれば206-xxx-xxxx)が英語とスペイン語で書いてあります。アメリカは市内にかける場合も無料なのでどちらもお金はかかりませんが、市内局番のほうに電話したほうが長くかけられるらしい。

次に「Please enter your pin number now.」、と言われるのでPin Numberを入力します。20ドルの場合だと最初にかけた日から半年間有効、10ドルだったら3ヶ月有効の場合が多いです。

Pin numberを入力すると、「You have --dollars and --cents remaining, please enter your destination number now.」と言われるので、自分のかけたい番号を入力するわけですね。すると、あと何分かけられますよと言うアナウンスのあとに相手とつながるわけです。

管理人が使っているCallPlusは20ドルで日本まで何とぶっ続けでしゃべれば25時間くらい話せるんです。でも一回かけるごとに手数料(いくらか知らないけど)がかかるので、一度に長い時間はなす人じゃないとお得感は少ない。だから、一回にかける時間が少ない人は手数料のかからないカード(シアトルであればUNIなど)のほうがお得です。ちなみに管理人は電話があまり好きではないのでこの20ドル一枚で半年持ちます。

しかし、どちらのカードを使っても、はっきり言って相当安いです。日本国内で長距離電話をかけるより安いのです。日本からの国際電話の値段を知っている者としてはすごいとしか言いようがない。最近はIP電話も普及してきてはいますが、どっちが安いんだろう?

日本につながるまでに30桁ほど番号を入力しなければならないわけではありますが、安いので何も文句はなし。日本でもこんなシステムあったらいいんですけどね、でも普及しなさそうだなぁ。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-27 12:51 | Mono
2004年 05月 26日
踏切
a0015074_55411.jpg大学時代に路面電車の走る、四国のとある県に住んでいたのですが、そこでは路面電車は電車、JRは汽車と呼ばれていました。なぜならJRが電気駆動ではないため。そういう定義でいくとアムトラックは汽車ですね。

シアトルではアムトラックが走っていますが、この踏切にはまると長いのです。ダウンタウン方面からウエストシアトルに戻る時に99を使えば踏切を通過することはないのですが、下道を通ってWest Seattle Bridgeに合流する場合は踏切を通過する必要があります。下道ルートはあまり使うことはないけれど、たまに通ると結構つかまる気がする。アムトラックの場合はまだ良いのですが、貨物列車の場合は長い!たまに100両を超えるものも通るので、その時はもう大変。ひたすら待つ。実際に計ったことはないのですが、5分くらい待たされる時もあるのではないかと。

シアトルは意外とせっかちな人が多いので、待ちきれなくてUターンする人もかなりいるんですよ。

踏切と言えば、こちらでは踏切で一旦停止する必要がないのです。基本的には日本と同じような交通ルールですが、違うところも多い。信号が赤でも右折が可能なのは有名ですよね。大概して標識は少ないし、一目見てわかるものが多いと思います。日本のように一瞬で3つの標識を判断したりと言うのもありませんし、たとえ見過ごしても次でいいか、と思わされます。あせってもしょうがないと感じさせる道の広さがそうさせるのかもしれませんが・・・。

あとは、日本と違って車に乗るとおっとりする人が多い気がします。普段はオレオレなアメリカ人も車に乗ると意外と紳士な人が多い。Four stopがちゃんと役割を果たしているところからもそんな気がします。高速道路のマナーは・・・悪いというか、ノンビリしてる。でも、ゆっくり走るなら右側を走れと言いたい。

Anyway、やはり車社会ならではのシステム(標識、路上駐車、Freewayなどなど)と土地の広さがストレスの少ない運転環境を作っているのかなと思います。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-26 05:55 | Seattle
2004年 05月 25日
Green Lake
a0015074_104916.jpg写真は昨年秋のものなので、古いのですが、Green Lakeです。写真では湖は写ってないけれど、ちゃんと湖があります。

シアトル市街地から車で99を利用して10分ほど北に位置するグリーンレイクは、Alkiと並んで晴れの日には多くの人が利用する公園です。ここもアルカイ同様、Run, Bike, Rollerbladeをしに来る人が多いのですが、湖を周回するコースとなっているので、距離を決めて走りたい人にはいいですね。

Alkiと大きく違うのは写真でもわかるように、緑地が多いことです。木の授業でたまにここを使うのですが、大きい木が多くて、識別が難しいのでクイズも当然難しいです。

NYのセントラルパークをかなり小さくしたような雰囲気かもしれません。犬のためのパーク、Mountain bike&Cross country用のトレイル、テニス・ソフトボール・サッカー用コートなど、とにかく日常生活のレクリエーションとして使うのにうってつけ。

隣接してZooもあるし、湖の周りにはレストランやカフェも結構あるので、スポーツをする人だけが楽しめる公園ではありません。本当に人それぞれ楽しみ方は違います。

こういう公園のスタイルも車社会であるアメリカならではだと思います。バスや電車で行ったり、わざわざ駐車場代を払ってまで行く公園でもない。でも、多くの人が使うから、安全で手入れがされてて、お気軽にちょっと気分転換しに行ける公園。日本だとお金を払う公園はえらい格式ばっていて疲れるし、住宅地にある公園はみんな同じ。もちろんいい公園もありますが、Green Lakeみたいな公園って好きだなぁ。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-25 10:50 | Landscapes
2004年 05月 24日
インラインスケート
a0015074_9412.jpgとにかく毎日が忙しすぎるアメリカでの学生生活。本当に自分がしたい勉強じゃなかったら、絶対についていけないと思わされるくらいハード。年齢もそれなりになって前ほど記憶力もよくないのでさらにハード。大学時代の3倍以上勉強してるんじゃないかと・・・。

でも、体育会系なので、ある程度の頻度で運動をしないと、体調悪くなるし、頭も働かないし、とにかくコンディションが崩れ始めるんですよ。

なので、金曜午後のスケートバーンでのインラインは欠かせません。セクション内容はシアトルでのインライン普及活動の餌食となったこちらの友人M氏のブログにかいてあります。

昨年までは友人達のはまり具合もイマイチだったので、月に1,2回パブリックパークに行く程度。大学時代に毎日の様に滑っていた管理人としては、当然物足りません。車も持ってなかったし、前述のようにとにかく忙しい日々なので、仕方ないなと。

で、年末までにスケートバーンに数回行くうちに、友人がだんだんと面白さに気付いてくれたわけです。本格的に通うようになったのは今年に入ってからなのですが、特に管理人と同い年のM氏はなかなか頑張っていて、確実にはまったと言えるレベルまでたどり着いてくれました。

当の管理人も大学時代はパークライダーではなかったので、何気に進化してたりします。最初は岡山ASPOのB3コースのようなセクションのでかさにビビってましたが、キンクハンドレール以外(基本的にカーブっ子なんです)は遊べる程度に慣れました。日本に戻るまであと数えるほどしか滑ることはできませんが、もう少し回転系、グラインドなどなどうまくなって帰りたいものです。写真は落ちかけですが、ファンボックスでのエアー。

日本に帰ってから、困りそうなのは滑る環境ですね。
長くなってしまったので、日本のB3環境、パブリックパーク論についてはまた近いうち書きたいと思います。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-24 09:05 | Skates
2004年 05月 23日
Mariners Game
a0015074_194125.jpg
今日は今季初、シアトルマリナーズの試合を見てきました。

試合は・・・中盤戦まではよかった。先発Pineiroは初回に一点取られたものの、その後は安定。さらにSpiezioの2ランホームランで逆転して勝ちムードだったのですが。でも・・・監督さん、Pineiroに投げさせておけば良かったのに、代えちゃったんですよ。あーあ、結局8対4で負け。そりゃみんな試合の途中でブーイングして帰るわってな試合内容。

昨日日米2000本安打を達成したイチローも今日はノーヒット。今日も本当に今年のマリナーズを象徴するかのような試合でした。

今日は何がすごかったって、ウェーブですよ。すごくきれいに3周か4周してましたからね。しかも、内野席と外野席の相性もバッチリ。バックネット裏の人もやってたので、テレビでも確認できたのではないでしょうか。

あとね、面白かったのは9回裏2アウトの場面で後ろの方にいた子供が叫んでいたのです、「Two out, So what!」、って。なんか気に入っちゃいました。

試合には負けてしまったけど、やはり本物を見るのはいいものです。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-23 19:42 | Seattle
2004年 05月 22日
Febreze
a0015074_195719.jpgコマーシャルもたくさんしているし、すっかり日本では定番となりつつあるFebreze。

このアメリカバージョンファブリーズに初めて出会ったのは、日本のCostco(北米に住んでる皆さん、日本ではコストコですよ!注意してください。コスコって言っても通じません)。最初の感想:でかっ!やすっ!でした。

大学時代の一人暮らしの友人達の家には常駐されていたのですが、日本のは高すぎ。生活感のない家として評判だったこともあり、掃除もこまめにしていたのでファブリーズの必要性はなかったのですよ。
Anyway、Costcoで見たとき、絶対に日本のとは違うと思ったのですが、お値段に負けて買ってしまいました、確か1リットル×2で1100円くらいだったと思う。で、使ってみると・・・スプレーした時のにおいはかなり強いものの、時間が経つとその効果は明らか。意外と使えると思ったわけです。

と言うことで、シアトルに来てからも使っています。インライングッズとかにも効果ありです。
[PR]
by seattleinline | 2004-05-22 19:58 | Mono