<   2005年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧
2005年 01月 30日
Our Cat
a0015074_22343754.jpg
シアトル在住時の構成メンバーを忘れてました。

Too fatな猫、ウィサースです。綴りも教えてもらったんだけど、忘れました。

この写真は一年半以上前の写真なので、まだマシですが、管理人が日本に戻る直前はお腹が床につくんじゃないかと思うほど、かなり太ってました。今はどうなんだろうか・・・。

管理人は今までペットは飼ったことないのですが、なぜかこいつは相当なついてました。
管理人が家に帰ってきた時に、あとをついてきたり、名前を呼んで寄ってくるのは、管理人とホストの娘だけだったし、数週間日本に帰省していた時も、管理人の部屋の前でドアを開けてくれるのを待ってたりしてたらしいです。
管理人も気分転換がてら、よく遊んでいたので、なついたのでしょう。でも、嫌いな人には悪さをしたり、良く見てるというか、賢いですよね。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-30 22:47 | Seattle
2005年 01月 29日
初公開
a0015074_2334990.jpg通行人以外の人がアップされるのが初めてじゃないかと思ってるんですが、シアトルでの同居人です。久々に同居人だった韓国人とチャットしたので、公開。

管理人はシアトル在住時はずっとホームステイだったんですが、結構大きな家で、しかも様々な人種が集まる賑やかな家でした。ホストマザーはフィリピン人、子供はアメリカ生まれなのでアメリカ人、学生は短期間の入れ替わりも含めると管理人がシアトルにいた間に、韓国人、台湾人、カタール人、サウジアラビア人、トルコ人、そして日本人と本当にいろんな人間が住んでました。

写真の二人は2003年の12月にシアトルから移ってしまったんですが、管理人が住みはじめよりも2年以上前からこの家に住んでいた古株で、楽しく暮らした仲間です。最初は日本人の常識を超えたカタール人Aの生活態度に度肝を抜かれ、たまに腹立たしかったんですが、慣れてきたらなかなかおもしろいやつで、今考えるといいネタをたくさん提供してくれましたね。韓国人Sには、一番最初から仲良くさせてもらってました。もう一人の古株台湾人Qには騒音関係で悩まされましたが、普段はとても良いやつでした。

管理人の適応能力も高かったとは思いますが、ホストマザーがとにかく大らかな人だったこと&夜に仕事のある人だったので何時でも出入り自由だったこと、さらに米食が多かったことなどなど、一人暮らし+αみたいな感じの快適な家だったので、結局最後まで住み続けてしまいました。なかなかこういう当たりには巡り合わないようで、管理人はラッキーでしたね。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-29 23:38 | Seattle
2005年 01月 28日
なかなか
今週は超多忙につきなかなか更新できてません・・・。

週末はちゃんと更新したいところ。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-28 00:04 | JPN Life
2005年 01月 25日
なつかしい
今日は朝から青山に用事があったのですが、少し早く着いてしまったので、スターバックスでラテを一杯飲みました。

朝一と言うこともあり、店内で飲んでいる人は少なく、ガラスの外側は通勤の人であふれる日本なのに、内側はなんだかシアトルのようで、なんだか懐かしく、ホッとしました。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-25 22:45 | Others
2005年 01月 21日
Bicycle Lock
a0015074_20125060.jpg
シアトルに住んでいた時にSouth Centerのそばの自転車屋で買った鍵。

何においても盗難対策はしないと、とられて当たり前、と言う感もあるアメリカ社会なので、こんなにごつい鍵も意外と安く売っています(日本では結構高いです)。これは定価が30ドルくらいだったと思います。でも、このときはセールをしていて、おまけのボトル付でなんと10ドル。勢いで買ってしまいましたが、なんせ重いブツなので、日本に帰ってくるときにどこに入れようか結構悩みましたよ。

普段のチョイ乗りで、メッセンジャーバックに入れて運ぶには重過ぎるので、日本に帰ってきてからも、結局前から使っている鍵を利用しているので、オブジェになっちゃってますが・・・。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-21 20:20 | Mono
2005年 01月 20日
デカエアバス
a0015074_2333827.jpg
エアバスの最新型機が新聞やニュースで取り上げられてましたが、すごい大きさですね。

主翼が約80mって、普段の生活レベルで想像してみると化け物みたいにでかいです・・・。総二階建てなので、搭乗客が効率よく乗り降りできるように、空港側にも対策を求めてるとか、色々と話題を振りまいてます。

写真は今までの大型旅客機の代名詞、ジャンボの模型。小さい方は同じスケールの737-800、こう比べてみると747って大きいです。
見難いかも知れませんが、両方ともBoeingカラーです=Everettのボーイングのショップで買いました。マニアじゃないんで良くわからないんですが、空港とかでは売っているのを見たことないので、意外と貴重なんじゃないかと。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-20 23:15 | Others
2005年 01月 17日
Hard Rock Cafe Tokyo
a0015074_21584671.jpg
先日、兄の誕生日をHard Rock Cafe Tokyoで祝ったんですが、いやー、いいですよ。

花火付ケーキが出てくるし、その時お店の人がアナウンスしてくれるし、写真付のバッチくれたりと、いたれりつくせり。この前は誕生日当日だったので、ケーキが一つついたり、ピンバッチももらったりと、サービス盛りだくさんでした。ちなみにこの風船も御土産、電車の中で意外と邪魔なんですけどね。

お酒も料理もアメリカと比べたらもちろん高いけど、体に悪そうなChicken WingsとかひたすらクリームなSweetsとかもなんだか懐かしくて、たまには良いなって思いました。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-17 22:18 | JPN Life
2005年 01月 13日
定番
a0015074_20245442.jpg
シアトルにいた時にホームパーティーなんかやると、とりあえず簡単なおつまみとして、よく食べてました。

日本だとコーンチップスって需要がないから結構高いけど、アメリカだと高くないから、ポテトチップスと同じような感覚ですね。ポテトチップスより胃にもたれにくいので、個人的に好きです。

Taco TimeやTaco Bellはもちろん、街中にタコスのお店があるので、こういう系の料理ってなじみやすい生活でした。Taco Timeは結構頻繁に利用してました。この手の料理は日本ではあまり人気はないですけど、たまに食べたくなる味です。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-13 20:37 | Seattle
2005年 01月 10日
ITOEN Teas' Tea
a0015074_15403363.jpg帰国以来、ほぼ100%家での食事になっている為、コンビニって全く使わないんですよ。

で、今日自転車に乗って、帰る途中で初めてNATURAL LAWSONに立ち寄ってみました。高知でパン屋つきのスパーがありましたが、それをもっともっと洗練させた感じ。

Natural waterの種類も豊富なのにビックリしました。あとは、店内に入った時の匂いもコンビニじゃないですね。

店内でITOENの輸出バージョンのお茶を発見。このパッケージはかっこいいです、個人的にかなり好き。シンプルで飽きもこないし、でもちゃんとお茶の持つオリエンタルっぽさをうまく出してるなと。日本だとSony Plazaでしかみたことなかったので、やるなLAWSONと思いました。このパッケージデザインだと、あまり目立たないし、商品サイクルの短い日本では短い命になってしまうんでしょうね。

海外でも売っているようだけど、残念ながらシアトルで見たのは一度だけでしたね。日本の物を扱っているコンビニみたいなところでした。コーヒー文化のシアトルに乗り込むのはなかなか難しいんでしょうね。

しかし、日本のコンビニって本当にConvenientだなぁと思います。コンビニって弊害もあるけど、日本らしいというか、これも今の時代の日本の文化の一つでしょうね。セブンイレブンはアメリカ生まれだけど、向こうのコンビニに行ったらビックリするくらい、しょぼいですよ。そしてあんまり長居したくない雰囲気です。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-10 16:01 | Foods
2005年 01月 09日
なかなか
a0015074_23571266.jpgホント、就職決まんない管理人です。心配してくださっている方も多くて、その気持ちありがたい限りです。

管理人が日本に戻ってきたのは、年齢的に卒業後OPTで一年間更に空白の歴史を作るより、とにかく働いて職歴をつけたほうがbetterだと思ったこと、英語力や資金面など、いろいろな理由はあるんですが、一番強く思ったのは、シアトルに行って初めて自分が日本人であることを意識させられ、誇りを感じ、もっと日本のことを知りたい、もっとよい生活や緑地環境を考えていきたいなと思ったからです。

でも、こんな気持ちがあっても、やはり実務経験もありませんし、日本には日本のシステムがあって、いくら向こうでハードな勉強をしていたとは言え、日本でそれがそのまま役に立つわけではありません。かなり中途半端な状態な訳ですね。

普通の生活では得られないことを異文化の地で体験しているけれど、そういうfeeling的なことをを評価してくれる会社って、なかなかないんですよ、この4ヶ月で結構面接しましたけど。同い年の人たちが、すでに数年間働いていると言うハンデをもっているわけですから、経験のある人間をとるのは理解できますし。
会社の経営もきついところがほとんどな訳で、とても興味を示してくれる会社も多いんですが、とりあえず今求めてるのは即戦力、これで撃沈。ちょっと将来的におもしろいかもなって言うような人材より、その場で動く即戦力なんですよね。

先週の日経ビジネスにも書いてありましたが、日本では諸外国に比べ社内での教育費がとても少ないらしい。これが今後の日本の技術力などに影響がでてくると言うような記事だったんですが、これはいたい。教育する費用を出さないと言うことは、新卒採用に乗り遅れた管理人のように一度ラインから外れたやつはなかなかラインに乗れないんですよ。一応新卒だけど、日本のように大学3年の夏から就職活動が始まるような状況にどうやって海外の学生は参加すれば良いのでしょうね。留学生達にも門戸は開いているとは言うけれど、あの勉強スケジュールじゃ、日本の学生向けの会社説明会にだっていけないし、実質その時点でアウトでしょ。

いろいろ言いたいことはあるんですが今日はこれにて。なんだかんだ言っても結果が全て、全戦全敗。かなりのプラス思考なので、これまた経験、なんでも経験だと思って、また次に進みますけどね。

でも、日本の将来ってやっぱり不安。もっといろんな意味で豊かな国になってほしいです。
[PR]
by seattleinline | 2005-01-09 23:29 | JPN Life