<   2005年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧
2005年 02月 28日
やっと到着
a0015074_2234079.jpg
週末にシアトルの学校のInternational program officeのスタッフから卒業証明書を送ったよってメールがきたんですが、本日DHL便で到着。

日本に戻る前にこの話をした時に、発行までに3ヶ月くらいかかると思うって言われいたのですが、アメリカの公立学校らしく半年近くかかりましたね。これだけ時間がかかってるんだから、別にExpress便じゃなくても良いんだけどって感じですが、そこだけは約束どおりExpress便で送ってくれました。

開けてみたら・・・紙切れ一枚だと思っていたのに、意外としっかりとした外見にビックリしました。
管理人は数単位を日本の大学から単位移行したり、日程の関係で受講できなかった必修のFirst Aidのクラスをアメリカの赤十字の講習会(学校側が用意する授業も赤十字で行うので、内容は同じ)を受講してそれを単位移行したりと、結構複雑な単位構成だった上に、成績証明書には単位移行した単位に関しての記述は一切ないので、卒業できているのかどうか正直不安でした。

その不安要素の元は、アメリカ人も留学生も全て合わせた学生の成績関連の処理をしているおじさん。この人の仕事が半端なく遅いんですよ(管理人の日本の大学からの単位移行は書類提出から数ヶ月放置され、その後プレッシャーをかけ続けても一ヶ月かかりました)。実際、机の周りの書類の山を見ると不安になります。口では問題ないねって言われたものの、日本に戻ってきてしまっている以上、直接会ってプレッシャーをかけられないので、本当に証書が来るのか?って思ってました。

しかし、何はともあれ卒業できたと言う証明を手にできたのは、ありがたいです。いろいろと問題になりかねないご時世ですからね。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-28 23:00 | Seattle
2005年 02月 26日
ARROWCOPTER TOY
a0015074_20215131.jpg
これはMuseum of Flightで買ったARROWCOPTERと言うおもちゃ。

付属している輪ゴムで引っ張って、空に向けて発射。上昇スピードが落ちたところからは竹とんぼのように羽の部分がくるくると回りゆっくりと降下してきます。

表面の説明では300feet(大体100mくらい)まで上昇すると言うことで、意外とあなどれないおもちゃだったりします。実際に飛ばしてみたら、本体が軽いこともあって、落下時に風の影響をもろにうけます。300feetを飛ばす勢いでゴムを引っ張ってしまったら、日本でやる場合は間違いなく一発で行方不明になりそうな感じ。

でも、羽がくるくる回るので、見ているだけでも結構きれいで楽しめます。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-26 20:36 | Mono
2005年 02月 24日
Sports Illustrated
a0015074_2216882.jpg
前回コストコに行った時に買ったSports Illustrated the 50th Anniversary book。

シアトル時代の同居人が年間購読していたので、見させてもらってたんですけど、あの雑誌、週刊なんですよね。良く書くことあるよなぁと思うんですが、MLB、NFL、NBA、NHLのどれかはやってますから、ネタが尽きることはないんでしょう。

で、この本、良い写真がギッシリ詰まってます。動画は圧倒されるすごさが魅力だけど、写真には印象的で頭から離れないよさがあります。そんな印象的な写真が一杯つまったこの本、いいです。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-24 22:24 | Costco
2005年 02月 22日
オーブンレンジ
a0015074_20132040.jpg
先週オーブンレンジが壊れてしまったんで、レンジなし生活をしていたんですが、改めてレンジの便利さを認識しました。

基本的にはパンとかが焼けて、あとは電子レンジさえついていれば良いので、機能的にはシンプルで良いわけです。

候補にあがったのはatehaca、Electrolux by Toshiba。意外とMUJIも安かった気がするな、と思ってHPをみたら、基本デザインがElectroluxと一緒。しかも、MUJIの方がかっこいいし、しかも安いし。

atehacaはやっぱカッコいいんですが、お値段がMUJIの倍。結局MUJIで決定でした。今まで使っていたのはチャコールグレーで何となく威圧感があったんですが、今度は白ベースなので良い感じで納まってます。

で、MUJIのは予想通り東芝製でした。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-22 20:33 | Mono
2005年 02月 21日
なつかしの
a0015074_21364719.jpg
今日はドタバタしてて、気分転換が必要だなと思ってたときに、シアトル仲間M氏から連絡が。今、羽田にいるからちょっとおいしいコーヒーでも飲みに行かない?と言うお誘い。

ってことでシアトルでも有名なカフェVivaceの味が楽しめるマキネスティに行ってきました。

30分ほど経ったところで、もう一人のシアトル仲間D氏がゆっくりとした足取りで登場。知っている人たちには二人ともなつかしのシルエットじゃないでしょうかね。
M、D両氏>この程度の編集でまずければ連絡を。加工しますんで。

一緒にカフェ勉したりご飯を食べたりしてた仲間と、おいしいコーヒーを飲んで、なんだかシアトルにいる気分。シアトルでの生活はやはりコーヒーが切り離せないものだったんだなと実感。全く英語も使ってなかったから、久々に英語で会話して新鮮でした。

外出が結構億劫になってるんで、良いリフレッシュでした。また、集まりたいもんです。
もう少し暖かくなったら、Costcoに行って買出しして、パーティとかも良いなぁ。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-21 22:12 | JPN Life
2005年 02月 20日
ちょっと待った!殺虫剤をまく前に・・・
a0015074_21164671.jpg
昨日今日とシトシト雨と気温の低さでかなり活性が悪かった管理人です。シアトルは毎日こんな天気なのによく耐えてたなと思います。忙しかったのと、あとはカフェがあったからでしょうかね。

で、整理をしていたら、こんなものがでてきました。Plant Health Careと言う授業でKing County(シアトルはキング郡にあります)のthe Local Hazardous Waste Management Programのスタッフが講義に来たときにもらった資料の一つなんですが、表面にはこう書いてあります。

STOP!
before you spray!
The bug you kill could be a friend.

農薬を使わなくても我々にとって有益な昆虫達を写真つきで紹介している冊子で、昆虫のサイズや色などどうやって判別するか、何が役に立つのか、どういうときに我々の目に止まるか(ハチなどの危険な昆虫に関しては近寄ってこない状況作り)、おもしろい特徴などが写真と共に記されています。こんな写真つきの冊子だったら子供達だって楽しく読めますよね。

アメリカは農薬をガンガン使って、何でもかんでも殺してしまうイメージがあったのですが、実際は在来種を保護しようと言う意識が非常に高いです。その土地で育つように進化してきたNative Plantsは昔からNative Insectsとともに共生してきていて、そういう環境は大切なんだよって言うことを多くの人が知っているわけです。

で、何がすごいかと言うと、興味さえあれば、こういう情報をすぐに得られるシステムがあること。King Countyの職員さんは他にも数種類の資料をもってきてくれたんですが、電話やメールをくれれば、もっと細かいことに対しても資料などですぐに対応しますから何かあれば連絡を下さいと繰り返していました。ワシントン州では個人で使える農薬にも規制があって、種類によってはライセンスが必要な場合もあるので、繰り返したのだと思います。

何が言いたかったかと言うと、まぁ、公共の施設としてのサービスのあり方が素晴らしいなと。スタッフの人たちがその道のプロフェッショナルで、自分達の持つ知識はもちろん新たな研究結果などもどんどん共有し、公の場に役立てようと言う意識が強いこと。
アメリカ生活も色々あったけど、これはよい一面だなと感じましたね。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-20 22:10 | Landscapes
2005年 02月 19日
IKEAの乾電池
a0015074_20472019.jpg
シアトル在住時は授業中も自習中もとにかく大活躍していた電子辞書を動かしていたIKEAの乾電池。

どうってことない乾電池なんですが、日本ではなかなかお目にかかれないデザイン。日本の乾電池は金色が多いですけど、べつにこういうのがあっても良いのではないかと。アメリカの乾電池や充電池がメタリック系を使って強そうなデザインが多いから、日本の電池もその傾向を入れているんでしょうか。

ちなみに、シンプルだからと言って性能が劣るわけではなく、かっこいいからと言って値段が高いわけでもありません。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-19 21:02 | Mono
2005年 02月 17日
Gill
a0015074_2147369.jpg
自転車に乗ってきて外すと、左手だけ冷たいと言う悲しい状況であった管理人のグローブ(WHY?)なんですが、先日兄がローラー台等を購入した際に一緒に注文しました。

Gillと言うUKのBicycle clothing companyの物を購入。ネオプレーン&人工皮革でできていて、かなりしっかり作ってあります。今まで使っていたREIのはサイズが大きかったんですが、今回のはジャストフィット。冬場の必需品としてこれから数年活躍しそうです。

寒くなくて快適快適。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-17 22:02 | Bicycle
2005年 02月 16日
昔の電話
a0015074_22305036.jpg
昨年末のことなのですが、調子の悪かった我が家のインターホン兼用電話がいよいよ作動しなくなり、我が家を訪れた人を無視してしまうと言うひどい状況になってしまったので、交換。

我が家のことなので、当然全て自分達で交換したわけですが、機械を持ち上げてまず重さに驚きました、重い!で、配線をチェックする為に分解してみたら、呼び出し音用に本物のベルが付いてるし。

裏を見たら、電電公社製・・・。うーん、古い。そしてその当時、電話3機を電電公社から買い取ると20万円以上だったそうです。今じゃありえないくらい高いですよね、恐るべし独占企業。10年間のレンタルで同額になったらしいです、レンタルは意外と妥当な値段か?1年に1回携帯電話の機種変更したらそれくらいになりますからね。

Anyway、我が家は3機使っていたんですが、当然新しい電話は子機はワイヤレスな訳で、体積比3:1、重量比10:1って感じです・・・20年の歳月による進歩はすごい。しかし、購入する際、インターホンつきで祖父母も使えるような電話は、選択の余地はありませんでした。家用電話がなくなる日は近いかもしれないけど、シンプルで使い易く、かっこいいデザインの電話があると良いんですが・・・頑張れ日本の家電。あと、携帯を使い慣れると、家用の電話(子機)の操作が難しすぎる、全く思い通りに動きません、何とかしてください。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-16 22:52 | JPN Life
2005年 02月 14日
GRAMMY AWARDS
Inter FMで47th Grammy Awardsのライブを聞いていたんですけど、Tsunami被害の被災者のために歌われたAcross the Universe、なかなかカッコよかったです。そして、早くもそのパフォーマンスがiTunes Music Storeで買うことができ、その売り上げはそのまま義援金になるということで、すごい時代ですね。

しかし、iPod効果がみられるというか、iPodのADで使われている曲が多く受賞してましたね。
●Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocal
Vertigo / U2

●Best Rock Song
Vertigo / U2

●Best Rap Performance By A Duo Or Group
Let's Get It Started / The Black Eyed Peas

●Best Latin Rock/Alternative Album
Street Signs / Ozomatli
などなど。

あと印象に残ったのは、たくさん受賞していたAlicia Keys、ライブであの歌唱力はすごい。
[PR]
by seattleinline | 2005-02-14 16:32 | Others