<   2008年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2008年 11月 27日
いてて
a0015074_22164574.jpg
休み明け、仕事中にちょいとバランスを崩し、ミスって脚立の足を自分の足の親指に強く打ち付けました・・・。

かなりの腫れと痛みのため、今日の帰りに整形外科によったら、ヒビっぽいそうです。仕事は続けられる(と言うか、続ける)んですが、痛いので腫れが引くまでは当然本調子ってわけにはいきません。来週から休みなしなのに、やってしまいました。

写真:先週出会った猫。こんな運動神経だったらと嘆いてもしかたがないので、集中して、安全に仕事しよ。
[PR]
by seattleinline | 2008-11-27 22:23 | JPN Life
2008年 11月 25日
Timbuk2の中身は・・・
a0015074_2212407.jpg
我が家は今回もBuild your own bagを二つ購入。
私は一番小さいEula。最近自転車屋に行かないから知らないけど、これ日本に入っているのかなぁ?
まぁ、メッセンジャーバッグではないよね。ちいさなバッグです。
選ぶ色が単色なので、テキスタイルものを選んでも比較的安価で、しつこくないのが良いです。

奥様は小さめのメッセンジャーバッグ。
こちらも、テキスタイルを真ん中に入れましたが、意外とシンプルに仕上がりました。

前回と違って、テキスタイルの生地が増えて、Corduraがすっかり減って、原色はBallistic一本にシフト中って感じです。

しかし、今回は問題発生。
Build your own bagと既製品とでは、物流体制が違うらしく、
両方をオーダーした今回はパッケージが今回は二個だったのですが、
既製品のバッグがひとつ入ってませんでした。

再度HPをチェックしたら、オーダーした商品がすでに消えていたので、
ギリギリのタイミングでOut of stockだったのかなと思いつつ、
すでにオーダーした全商品のクレジットの請求がきていたため、クレームレターを早速メール。
シアトル時代に散々ネット通販して、クレームレターも結構書いたので、
偏った英語力がこんなところで役に立ちます(笑)。

こちらの言い分を納得いくまで通せば、しっかり対応してくれるのが、アメリカのいいところ、好感持てます。

で、何度かの確認のやり取りのあと、Timbuk側が対応策提示。
届かなかったバックはLimitedものだったのですが、やはり今後作る予定はない、と言うことで、refund扱いに。
もちろん割引クーポンも付けてくれました。が、再び一つだけオーダーすると送料が非常に高くなるので、またメール。

こちらはinternationalのfree shippingクーポンはないということで、送料代の$50のrefundで決着。
無事に二度目のオーダー商品が届きましたとさ。

・・・・・・
しかし、今回はこれでも終わらなかった。
再び問題発生、こちらはまだ解決していないので、また今度。
[PR]
by seattleinline | 2008-11-25 22:12 | Mono
2008年 11月 11日
From S.F. CA.
a0015074_2261786.jpg
ドル安に便乗して、とりあえず輸入しなければ!となんとなく思っていたのですが、
先日、奥様の実家に行ったときに義母が欲しいということで、再びTimbuk2でオーダー。

前回が2005年の3月だったので約3年半ぶり。
前回の価格をあまり覚えていないのですが、全体的にちょっと値上がりしてたんじゃないかなぁ。
送料も1つ目が$50.00、2つ目以降が一つにつき$5.00とこちらも前より値上がり。

帰宅後連休明けに早速HPをみたら、米国の大統領選の最中でキャンペーン中。
今月中はBuild your own bagが$25 offな上に、大統領選にVoteして、
ついでにTimbukでお買い物しちゃおうという、11月4日限定全商品10% offセールってのもあり、即オーダー。ただでさえ半額以下のセール品も買ったので、かなりお安く買えました。
[PR]
by seattleinline | 2008-11-11 22:11 | Mono
2008年 11月 09日
大琳派展
a0015074_22354694.jpg
行きたいなぁ、と思いつつ土壇場で外せないスケジュールが埋まって埋まって・・・でも、なんとか会期終了前にいけました。
上野の東京国立博物館・平成館にて。

予想通りとはいえ、結構な人。ちょっと疲れました。
でも、最近の展示は流れとしては分かりやすいし、見やすいなぁと。

最初で三者三様の風神雷神がドーンとありましたが、その後いろんな作品を見てると、
素直に江戸の文化ってすごいなぁって思ってしまいます。

職業柄か植物の描画と間の取り方がピンときた酒井抱一の作品が一番良かったなぁ。
[PR]
by seattleinline | 2008-11-09 22:34 | JPN Life